ヒゲ処理と埋没毛

説明する男性

毎日のヒゲの手入れというのはなかなか大変です。
そんなヒゲを除去する方法として確実なものにヒゲ抜きがあげられますが、1本1本抜く手間と肌を痛めることも考えれば、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

ヒゲ抜きは肌にダメージを与えている

一見良さげなヒゲぬきですが、実はかなり肌に負荷をかけています。

 

 

もともと、毛髪は毛穴から生えていますが、毛穴から根元がすっぽり抜け落ちてしまわないのは、毛根が毛穴の内部で、毛穴よりも大きく膨らんでいるためです。またその毛髪を育てるために微小な血管なども走っており、そう簡単には脱落しません。

 

しかし、そこを無理に引っ張って抜くという時点で、毛穴より大きな毛根を無理に毛穴に通すわけですので、当然表皮が大きく引っ張られます。そして、場合によっては裂けたり、途中で切れたりしてしまうのです。

 

埋没毛ができると後がやっかい

埋没毛とは、毛穴の中で一度切れた毛髪が、毛穴の外にでることなく、内部に充満する形で育ってしまうものです。

 

それは、まるで歯茎に埋まった親知らずのように周辺の組織を圧迫し、運が悪いと化膿したり炎症を起こしたりといったこともあります。

 

また、見栄えの綿については、皮膚の下に育った毛髪が埋まっているわけですから、非常に透けてみたときに黒く、青く目立ってしまうのです。

 

無理な毛抜きをせずクリームや専門店脱毛をする

こうした埋没毛を防ぐためには、無理に自分で痛い思いをしながら脱毛をすることをやめるべきです。
根元近くでぶちぶちときってしまうほど、埋没毛は多く発生しやすいものです。

 

埋没毛を取り出すためには、端的に言って毛穴をこじ開けて中身を取り出すしかありません。
化膿したり炎症は見た目的にも大きなダメージです。

 

やはりエステやサロンなどでしっかりと専門家による脱毛が望ましいでしょう。

 

また、自分で行う際には、できるだけクリームなどで毛を細く抜けやすくした上で処理するなど、ダメージを最小限に抑えることが大切です。

 

一見何気なく行っている脱毛が、実は埋没毛というなかなか厄介な問題を引き起こすリスクをはらんでいることがよくわかります。しっかり抜いているはずなのに、ちっとも色見が改善しない、原因不明の腫れがある、というときなどは、すこしこの埋没毛の可能性を思い出し、肌に優しい脱毛を考えてみてください。

 

光脱毛なら肌を痛めません。メンズエステ「ヒゲ脱毛」

関連ページ

ヒゲを剃ると青くなりやすい?
女性でも青ヒゲに悩まされる
女性の青ヒゲを解消するには・・・
やっぱ、脱毛でしょう!
ヒゲやすね毛が濃くなってくるのは男性ホルモンの影響大
男性ホルモンの影響でヒゲは濃くなるのでしょうか?検証してみました。
ヒゲ処理(顔周り)のコツ
顔周りのヒゲ処理のコツを掲載しています。